メンタリスト。

こんにちは、おしょうさんです。

今日は私のオススメの海外ドラマ、

メンタリストのご紹介です。

 

メンタリストはシーズン7まで作られている、

人気海外ドラマです。

2014年のシーズン7がファイナルシーズンとなり、

既に完結しています。

 

f:id:oshotan:20200202123941j:image

 

物語の大まかな流れとしては、

かつて、自分の妻子を、

連続殺人犯 レッド・ジョンによって殺された、

メンタリストのパトリック・ジェーンが、

復讐のため、

警察のコンサルタントとして働き、

レッド・ジョンを追いかけていく、

というストーリーです。

 

1話完結型で、

毎回、冒頭に殺人事件が見つかり、

その1話内で事件を解決するという展開です。

事件の中に、稀にレッド・ジョンの関与が疑われる

事件があり、

ジェーンは様々な事件を解決しながら、

自身の目的であるレッドジョンを追いかけていく、

というお話です。

 

こういったストーリー展開ですが、

この「メンタリスト」の特徴として、

アクションやバイオレンス、残虐シーンが、

ほとんどない事が、「メンタリスト」の最大の特徴であり、私が見続けられた特徴です。

「24」のように、急に大きな音がしたり、

バイオレンスシーンなどはほぼなく、

落ち着いて安心して鑑賞できます。

物語の特性上、毎回、

いわゆる「死体」も出てきますが、

淡々と描写されており、不快感はほとんどありませ

ん。

(まぁこの感覚は、人によって異なるとは思いますが)

 

 

主人公のパトリック・ジェーンが、

妻子の復讐を胸の内に秘めながら、 

刑事たちと協力して、殺人事件を

ウイットに富んだ、お洒落な推理で

時にブラックジョークを交え、

解決していきます。

ジェーンはいわゆる優男で、

服装は常にネクタイをしないスーツ姿。

ごく稀にある銃撃シーンでは隠れてしまう位、

暴力はからっきしなタイプですが、

とてもチャーミングで素敵なキャラクターに

描かれています。

 

 

あらすじ

人の些細な言動などから、

その意味を読み取ったり、

人を操作することに長けたメンタリストである、

パトリック・ジェーンは、

かつてはその高い能力を使い、

霊能力者(サイキッカー)と称して、お金を儲けたり、

テレビに出るなど社会的に成功していた。

そんなある日、ジェーンがテレビ番組の中で、

連続殺人犯 レッド・ジョンを挑発するような言動を

行なったところ、レッド・ジョンによって、

ジェーンの妻子が殺害されてしまう。

その深い哀しみを、復讐の炎に変えたジェーンは、

自身のメンタリストとしての高い能力を活かして、

警察のコンサルタントとして、

各種の事件を解決していく。

次々と起きる事件を解決しながら、

レッド・ジョン追跡の手がかりを探すジェーン。

事件や仲間との関係構築を通して、

ジェーンの絶望と葛藤、

そこからの再生を目指す過程を、

時にクールに、時にブラックジョークで

飄々とした描写で描いていくドラマです。

 

 

暗い炎を身に宿す復讐者の物語ではありますが、

決して視聴者を暗い気分にさせるものではありませ

ん。

妻子を殺された1人の男の

絶望からの再生の物語です。

 

機会がありましたら、ぜひご覧ください。

それではまた〜。